痛いこと、つらいことに、さよならしよう。

わたしたちが大切にしていることは、物理的にも精神的にも、痛いこと、つらいことを徹底的に減らそうということです。
たとえば、身体への負担や痛みの少ない検査や機器を採用し、
医師や助産師がお一人おひとりとお話できる時間を確保し、
「処置が痛い」「話を聞いてくれない」といった、ネガティブなイメージを払拭していきます。